どんなカウンセリング?  

         
      多くのカウンセリングが行動面の変化、つまり問題行動をどう解決するか?という
      その人の外面に焦点を当てたものであることに対し、
内面の変化に焦点を当て、
      その結果として、
行動が変容することを目的としたものです。


      一般的に行動を変化させるために、なぜその行動をとったのかという思考を問題にします。
      インナーチェンジングセラピーでは、その行動を引き起こしている思考も大切にしますが、
      
その行動を起こしているとき、そのように考えている時の感情に向き合い、
      それを処理することにより、結果として
思考の自然な変化、行動の自然な変化
      促します。

       

    
インナーチェンジングセラピーは、(株)メンタルサポート研究所グループの代表の、
    「倉成 央 博士」が独自に編み出した
「感情消化法」「愛着のカウンセリング」
    に加え
「交流分析」「人格適応論」などの理論を統合した「エムエスメソッド」
    背景としたカウンセリング手法です。